お金に困ったとき

【お金を借りるのは、最後の手段】

最近は、消費者金融の広告も多いですし、ローンカードも簡単に作れたり、簡単にお金が借りられるようになりました。

しかし、私は、お金を他人に借りるのは、最後の手段と考えています。

まず、日常生活において、収入に見合った生活をして、お金に困らないようにしています。いざというときのために、余裕があるように蓄えをしています。蓄えが減りだしたら、副業を考えたり、より節約した生活をします。

それでも足りないときは、服や本など、持ち物を売ったりします。大学のときの知り合いで、お金がないときに、献血ルームはジュースやお菓子が食べ放題なので、それを目当てに献血した人がいます。

私も、献血ではないですが、新薬やサプリメントの効果を確かめる治験の登録をしています。入院しないといけないスケジュールや、副作用がきつい薬ほど高額らしいので、他人に借りるよりは、自分の体を資本にして、それを受けようと思っています。

他人にお金を借りたくない理由は、まず自分で何とかするべきなので、安易に他人に頼りたくないことが第一にあります。第二に、友人に借りると、友人関係にひびが入りそうですし、「お金にだらしない人」と思われるのが嫌だからです。

今でもはっきりと覚えているのは、小学生のときの、お金を返さない同級生のことです。小学生のとき、家庭科の実習があり、数人のチームで分担して買い物などをしました。私が立て替えて、全員分の材料を買ってきて、その材料代を後で回収したのですが、一人だけ返さない人がいました。

何回かきいたのですが、何度きいても「忘れた」という返事で、そのうちクラス替えになってしまいました。金額としては何百円かのことなのですが、その人の名前と顔は、三十年以上たった今でも、はっきりと覚えています。

その人は、「他人にお金を借りっぱなしで、何とも思わない人」だと感じました。あるいは、私とは特に仲が良くなかったので、「親しくない人に対しては、お金を借りっぱなしで平気な人」だと思っています。そのような人間になりたくないからです。
【金額による手段の変更】

もし私が貯金も現金も無くなりお金に困ったとしたらまず確認することは次にお金が入ってくるまでの期間だと思います。

半月等の結構な期間がある場合はまとまった金額が必要になるのでPCや映画などの売ってお金になるものをかき集めそれらを売ってお金を入手すると思います。

理由は借りるなどの手段をそこそこの金額でやってしまうのに拒否感があるためです。

逆に数日間のみで数千円とか必要な金額が少ない場合は家族や友人などにお願いして貸してもらう方法を取ると思います。

物を売ると言う事は新たに購入しなければいけない等の代わりの物を購入する金額が掛かってしまい売った金額よりも購入する金額の方がまずほぼ高くなってしまいますし売った値段>買った値段になることはないでしょうから出来れば売りたくないです。

友人や家族等の知り合いに借りるには返せるまでの期日と借りる金額が少ないければ借りる方を選び逆に返すまでに日数がかかり借りる金額が大きい場合は何か自前の物を売り入金するまでの期間を凌ぐという形を取ることを自分は選択する基準にしています。

消費者金融等の手段もありますが自分としてはその手段を取るのは知り合いに借りるにも金額が多く売ってお金にするものも持っていない様な状態で他にどうしようもなくなってしまった状態になるでしょう、勿論返す当てがあってこその手段ですが。

そうなってしまった場合は上記の2個の方法よりもお金が掛かってしまうのは明白ですしね。

利息等が付いてしまうので元金よりも掛かってしまうお金は間違いなく増えますから

1自分には知り合いに借りる
2所持物を売りお金を調達する
3消費者金融等から借りる(どこで借りたらいいかは≪こちら≫を参考にしてください。)

自分が取るのはこの3個の方法です。

どれを選択するかは上記に書いてありますがまず1か2のどちらかになると思います。ただ、消費者金融からお金を借りるというのも後腐れがなくていいかなとは思います。
【最終的に債務整理になった場合】

支払うことができないのなら、それに対応する手を考えなければいけないですし、何もせず残債を看過するのは、信用情報にもマイナスに作用しますから、自分自身に相応しい債務整理をして、キッチリと借金解決をした方がやり直しもききます。

100パーセント借金解決を望むなら、何と言っても専門分野の人に相談を持ち掛けることが不可欠です。専門分野の人なら誰でもOKというわけではなく、債務整理の実績が豊富な弁護士、または司法書士と面談する機会を持つことが大切なのです。

各種の債務整理の仕方がございますから、借金返済問題は誰もが解決できると言っても過言ではありません。絶対に変なことを考えないようにしてください。

こちらのホームページに掲載の弁護士さんは割り方年齢が若いので、緊張することもなく、楽に相談できるのではないでしょうか。殊更過払い返還請求、あるいは債務整理の経験値を持っています。

借り入れ限度額を規定した総量規制が完全施行されましたので、消費者金融から規定枠を無視するような借り入れはできなくなりました。早い内に債務整理をする方が賢明です。
このサイトで紹介中の弁護士事務所は、躊躇っていた人でも安心して訪問でき、フレンドリーに借金相談にも対応してもらえると注目されている事務所です。

借金返済であるとか多重債務で思い悩んでいる人に利用していただきたい情報サイトとなっております。債務整理の方法ばかりか、借金に関してのバラエティに富んだ情報を集めています。

「分かっていなかった!」では可哀想すぎるのが借金問題ではないでしょうか?その問題を解消するための手順など、債務整理に伴う覚えておくべきことを並べました。返済に頭を抱えているという人は、見ないと後悔することになります。

プロフェショナルに助けてもらうことが、やっぱり最良の方法だと思われます。相談に乗ってもらえば、個人再生をするという判断が現実的に自分に合っているのかどうか明らかになると考えます。

弁護士のアドバイスに従って、自分自身が選択した借金返済問題の解決法は任意整理です。よく聞く債務整理ということなのですがこれによって借金問題を乗り越えられたのです。
裁判所に依頼するということでは、調停と違いがないと言えますが、個人再生というのは、特定調停とは相違しており、法律に従って債務を減少させる手続きになります。

任意整理であっても、定められた期限までに返済不能になったといったところでは、テレビでも視聴することがある債務整理と全く変わらないわけです。そんなわけで、早い時期に車のローンなどを組むことはできないと思ったほうがいいでしょう。

自己破産した際の、お子さん達の教育資金を懸念されていらっしゃるという人もいるはずです。高校や大学であれば、奨学金制度も活用できます。自己破産をしていても問題ありません。

債務整理をした後というのは、カードローン、あるいは消費者金融のキャッシングの利用は不可になります。任意整理をした人も、通常であれば5年間はローン利用は不可能です。

見ていただいているサイトは、借金問題で困り果てている人に、債務整理に関わる肝となる情報をお教えして、できるだけ早急に何の心配もない生活ができるようになればと思って作ったものになります。