不妊症

不妊症とは、何かしらの治療を行わないと、それ以降自然妊娠をする可能性がほとんどない状態のことを言います。

特に病気のない健康な男女が妊娠を希望した時、避妊をせずに夫婦生活(セックス)を営むと一定期間内に多くの方が妊娠をします。が、一定期間を過ぎても妊娠をしない場合、その後いくらタイミングをとっても自然に妊娠する可能性は低くなるので、不妊症と診断することができます。

では、どのくらいの期間妊娠をしなければ不妊症と考えれるのか。すなわちこの一定期間とはどのくらいなのか。実は不妊症と診断できる期間は年齢によって異なっています。一般に年齢が高い夫婦では妊娠できない期間が比較的短くてもそれ以降自然妊娠する可能性は低くなってしまいます。
年齢が若い夫婦では不妊期間が比較的長くてもその後に自然妊娠する可能性が残っているということが多いそうです。
日本産科夫人学会ではその期間については1年から3年までの諸説あり、2年というのが一般的でしたが1年に短縮としています。

しかし、世界中の人々を対象とする世界保健機構では、2009年から不妊症を一年間の不妊期間を持つものと定義していて、さらに妊娠を考える夫婦の年齢がより高い米国の生殖医学会でも2013年に不妊症と定義できるのは1年間の不妊期間を持つものであるが、女性の年齢が35歳以上の場合には6か月の不妊期間が経過した後は検査を開始することは認められるとされています。

結婚年齢が高くなっている日本でも一年以上妊娠しない場合に不妊症と診断をして、年齢が高い場合には早期に検査と治療を開始した方がよいという考えが一般化してきているのです。

女性側が月経不順や無月経期間が長くて排卵がうまくできていない場合、子宮内膜症や子宮金融があって月経が辛いなどの症状がある場合には、不妊症である可能性が高くなってきます。
女性が妊娠できる年齢は30代後半から40代前半までと限られているため、早期に不妊症の診断や治療を開始しないとますます妊娠しにくくなることになります。

このように病気や不安な要素がある場合には一定期間妊娠しないことを条件とせずに、早めに産婦人科で不妊について相談してみてくださいね。

私は、不妊治療をして結婚5年目にやっと待望の妊娠をすることができました。そして現在は妊娠8カ月目です。

最近は便秘に悩まされていて妊婦さんが飲める便秘解消のお茶を日々のんでいます。※便秘解消妊婦

今回の妊娠をするまでに結構な費用も掛かりましたし、なんども諦めそうになりましたが、不妊治療専門のいい先生と出会うことができ、今はたくさん使ってしまったお金なんてどうでもいいくらい幸せです。無事に生まれてきてくれることを願うばかりです(*^^)